東京の夕景撮影スポット11ヶ所

こんにちは、Yutoです。

このブログでは東京で都市風景・スナップを撮る人に向けて、撮影テクニック・撮影スポット・撮影機材(SONY αシリーズメイン)に関する情報を発信しています。

冬は空気が澄んで空のグラデーションが綺麗になる他、夏は雲が赤く照らされて夕焼けとともに夕景を撮影することができます。
東京は比較的どこでも夕景を楽しめるのですが、この記事では綺麗な夕景が撮りやすい撮影スポットを選びました。

先日、このようなツイートをしたところ多くの反響があって嬉しい限りです。
東京は多様な夕景が撮れるので魅力たっぷりですよね。

夕景の撮影テクニックは下記記事で紹介しています。

参考:【ドラマチックな写真を撮るコツ】朝夕の都市風景・スナップ

荒川区

夕焼けだんだん

夕景というと展望台からとかのイメージが強いですよね。
人の目線での夕景というのはちょっとイメージしにくいし、肉眼では綺麗だったけど写真として映えはいまいちということもありがちです。

日暮里にある「夕焼けだんだん」は人の目線での夕景というのと、展望台のようなちょっと普通に立っているだけでは見られない位置からの夕景が見事に合体しています。
ポイントは階段の上から夕景を見れるということです。
自分の体ひとつでいけるけど、そこからの視点は普段生活している場所よりも高いという特殊条件です。もちろん家や職場が高層階にあるという人はその限りではないのですが笑

いろいろと書きましたが、簡潔にまとめると夕焼けだんだんの夕景は
情緒があって綺麗です。

葛飾区

荒川土手

東京都葛飾区四ツ木 荒川土手 190218

四ツ木駅から南の方向、東四ツ木避難橋のほうへ歩いて行きます。
首都高の下から荒川土手と東京スカイツリーが見える場所があるので、夕方そこへ行くと東京スカイツリーと土手を歩く人のシルエットを撮影することができます。
意外とたくさんの人が歩いていくのでストーリー性のある写真が撮れます。

水元公園

金町駅から京成バスで水元公園まで行き、徒歩10分程度です。
東京23区内でもっとも大きい公園です。
池のほとりに遊歩道があり、メタセコイア並木が続いており、都内ながらも自然風景が撮れる公園でもあります。

江東区

東京ゲートブリッジ

東京都江東区新木場 東京ゲートブリッジ 2017/12/30

東京ゲートブリッジを新木場公園から撮影したものです。
天気が良いとゲートブリッジと富士山をセットで撮ることができます。
新木場駅からバスが出ているので、それを使うと楽にいけます。

世田谷区

千歳烏山駅

東京都世田谷区南烏山 千歳烏山駅 2016/1/10

線路の向こう側に富士山が見える場所として知られています。
踏切からの撮影ですが「すみやかに」撮影してさっさと出るのがポイントです。
僕自身も通りがけに2枚撮っただけです。
なお、三脚は使わないです。
思わぬ事故が起こることで多大な迷惑がかかってしまうので注意しましょう。

ちなみに撮影設定としては

焦点距離:120mm相当
シャッタースピード:1/100秒
絞り:6
ISO感度:100

このようになっています。
今のカメラはダイナミックレンジが広いので少々暗く撮ってもRAW現像で補正はできます。
暗い所での手持ち撮影のコツは下記記事にてまとめたので参考にしてください。

参考:東京の夜景で使える手持ち夜景撮影テクニック

・手持ちで素早く撮る
・三脚は使わない
自分のポリシーより人に迷惑かけないことを最優先する

千代田区

丸の内

丸の内は高層ビル街になっていますが、西側が皇居となっていて西日が当たりやすい場所なので夕景を撮る場所として最適です。
夕陽に照らされたビルがオレンジ色に輝くのはまるで映画のワンシーンのようで綺麗です。

文京区

文京シビックセンター

東京都文京区後楽園 文京シビックセンター 2014/1/31

文京シビックセンターは新宿の高層ビル群と富士山を一緒に撮れる夕景スポットです。
夜だと富士山が写らないので夕方がオススメです。
晴れている日中でも富士山はかすんでいて見えないことがありますが、夕方に太陽が富士山にかかるタイミングでいくと富士山のシルエットが浮かび上がります。
この日は富士山の雪煙も見ることができました。
また、2月2日・11月9日ごろはダイアモンド富士が撮影できるということで、展望ラウンジがかなり混みます。

港区

お台場

お台場は埋立地ということもあり、周りが海で開けています。
そのため西日が綺麗に入ってくるところが多く、夕景撮影スポットとして適しています。
お台場海浜公園にはベンチなどが置いてあるので夕陽に照らされたとシルエットなど、ノスタルジックな雰囲気を感じることができます。(写真左)
海浜公園以外の場所でも西日が入ってくるところが多いので、写真右のような玉ボケを使ったアート的な写真を撮ることもできます。

東京タワー 芝公園4号地

東京都港区御成門 芝公園4号地 2015/9/26

公園の道と街灯と東京タワーが一直線に並んでいて気持ち良い場所です。
日没後ちょっとした時間にくると東京タワーのライトアップと夕焼けのコラボが撮れることもあります。

芝公園4号地は御成門駅 A6出口からすぐのところにあります。
浜松町駅からは増上寺前の交差点を右に曲がって3つめの信号の交差点(御成門)に向かえばOKです。

品川

東京都港区品川 品川インターシティ 2019/11/5

品川駅の港南口から出たすぐのところです。
品川インターシティの高層ビル群が見えるので、ほんのりと残る夕方の光と一緒に撮影しました。
超広角レンズがオススメです。

六本木ヒルズスカイデッキ

東京都港区六本木 六本木ヒルズ屋上スカイデッキ 2015/5/24

六本木ヒルズ屋上スカイデッキからの夕焼けは最高です。
ガラス越しではないので室内の明かりに気をつけなければならないということもありません。
夕景撮影は三脚がなくても撮りやすいので、三脚が使えない場所でも自由に撮影することができます。

夕景の続きは夜景撮影

夕方の撮影はドラマチックな写真が撮れます。
そして、実は夕方だけではなく早朝の撮影もドラマチックな写真が撮れます。
朝夕の撮影をするにおいて大事なことをまとめているので、こちらの記事も合わせてお読みください。

参考:【ドラマチックな写真を撮るコツ】朝夕の都市風景・スナップ

また、夕方が終わると続けて夜がやってきます。
東京にはたくさんの夜景撮影スポットがあるので、そちらも合わせてお読みください。

参考:東京の夜景撮影スポット15ヶ所

オンラインサロンをはじめました。
サロン内限定の情報発信(これからやろうとしている撮影方法の共有で、まだブログに書ける内容ではないもの)や、メンバーとの直接交流・定期的な写真講評などをしています。

▼詳細はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました