東京の撮影はPhotoPillsを使って光の方向をチェックすべし

こんにちは、Yutoです。

このブログでは東京で都市風景・スナップを撮る人に向けて、撮影テクニック・撮影スポット・撮影機材(SONY αシリーズメイン)に関する情報を発信しています。

Photopillsというスマホアプリがあります。
このアプリは撮影計画を立てやすいようにするために作られたアプリです。

日時を指定して光が来る方向を知れるという超便利アプリです。

有料ですが、めっちゃ便利でした。
光を求めて、いたずらに交通費を消耗することがなくなったのでむしろコスパが良いです。

PhotoPills

PhotoPills

PhotoPills S.L.¥1,200posted withアプリーチ

こんな人に向いているアプリです

  • カッコイイ写真が好き
  • 陰影という言葉が好き
  • 東京撮影したいけど普段東京に行ける機会は少ない
  • 光の方向に関して曖昧な情報は知っている

東京は光がくる方向を知っていると撮影がおもしろい

東京の撮影は光がどちらから来るかというのを知っておくとかなり楽しめます。
僕はこのことに気付いてからは、一度行った場所でも撮り直したい気持ちでいっぱいです 笑

住んでいない人こそ使うべき

東京に住んでいる人は「いつどこに行けばどのような光が入っている」ということを把握しやすいです。
「いや住んでても知らねーよ」と言われるぐらいマニアックな話ですが笑
しかしながら、東京以外の場所に住んでいる人は、住んでいる人よりもその場所の光環境を知れることは少ないです。

Photopillsを使えばその場にいなくてもある程度の予測を立てることができます。

ちなみに僕自身は三重在住で、東京に行くためには重たい腰を上げなければいけません。
移動距離というよりは移動費用が問題なのですが…笑
それでも良い光で撮影するには実際に現地に行ってみるしか方法がありませんでした。
日の出と日没の位置はわかっても何時にどの方向から光が来るというのを知る方法がなかったので。
そんなわけでロケハンが難しいという人にとっては救世主のようなアプリです。

光と影探しがめっちゃ楽になります

実際に撮った写真とPhotoPillsの光方向を比較検証してみた

東京中央区銀座 東急プラザ 2019/1/13
2019/1/13 14:34撮影

実際の写真と照らし合わせてPhotoPillsで光の方向を調べてみました。
注目すべきところは細いオレンジの線です。
これが2019/1/13 14:34時点の太陽光がはいってくる方向です。
道路をなぞるように線が入っていますよね。

写真も道路の向きと同じ方向から光が入っています。

このようにPhotopillsを使うと何時何分にぴったりの位置に来るかというのがわかります。

東京都中央区銀座 2019/2/17
2019/2/14 13:59

こちらは先に紹介した写真とは別日に別のところから撮ったものです。
中華料理屋さんでご飯を食べた時に撮ったものですね。
窓側の席に当たるか、当たらなくてもその席に人がいない場合でないと撮れません。
結構博打です笑

実はこれPhotopillsがない時に撮った写真で、光の方向の情報は曖昧なものしかないので、数分おきに光の状況を確認するのですが、ただの落ち着かない人になっちゃってます笑
店員さんには事前に撮影したい旨を伝えておくとかなり気が楽になります。

というわけでなんとか撮影したこの写真は道路と光の方向がちょっとずれています。

Photopillsでも微妙に道路と光の方向がズレているのがわかります。

それでは道と光の方向が一致するのはいつになるのかPhotopillsで調べてみました。

14:13ということで、撮影した時間の14分後ですね。

残念ながらさっきの写真を撮影したすぐ後に他のお客さんがいて撮影することができなくなりましたし、Photopillsがない状態だと何分後に方向が合うかまではわからないので、待つのも諦めてしまいました。

自宅にいながら分単位で光の方向が知れるのはすごい

十間橋で東京スカイツリーを赤い空背景でシルエットを撮れるタイミング

東京都墨田区押上 東京スカイツリー 十間橋 2019/1/1

東京スカイツリーの撮影スポットである十間橋で、赤い空がシルエットになった東京スカイツリーが撮れないかということでタイミングを探してみました。

赤い空が背景になるシルエットは太陽が東京スカイツリーの真後ろに来て日没も東京スカイツリーのある方向と近いところである条件がいります。

早速Photopillsで調べてみると7月9日の17:30に東京スカイツリーの真後ろに太陽がくることが判明しました。

これは夕陽と東京スカイツリーのシルエットが撮れそうですね。

ちなみにこの記事を書いている12月19日だと赤い空背景のシルエットの撮影は難しそうです。
理由は夕陽の落ちる場所がスカイツリーの左側なので、シルエット自体は撮れるものの背景は青いです。

来年(2021年)、外出自粛が解除されていたら実際に撮ってみたいと思っています。来年(2021年)、外出自粛が解除されていたら実際に撮ってみたいと思っています。

最後になりますが、夏と冬で太陽の落ちる位置がかなり変わるので、合わせて覚えておくと便利です。

実際に撮ったことのある場所は想像しやすい

おわりに

最後にこの2つに当てはまる人には改めてオススメしたいアプリです。

  • 光の方向を意識して撮影したい
  • 光の方向に関して曖昧な情報を知っている

Photopillsは買い切りアプリですので、一度買ってしまえば月額費用もかからずにずっと使い続けることができます。

PhotoPills

PhotoPills

PhotoPills S.L.¥1,200posted withアプリーチ

オンラインサロンをはじめました。
サロン内限定の情報発信(これからやろうとしている撮影方法の共有で、まだブログに書ける内容ではないもの)や、メンバーとの直接交流・定期的な写真講評などをしています。

▼詳細はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました